1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. ファーマコビジランス(安全性情報)の転職・求人
  3. 安全性情報担当者(オペレーション・スペシャリスト)

IQVIAサービシーズジャパン株式会社

募集ポジション 安全性情報担当者(オペレーション・スペシャリスト)
勤務地 東京都、大阪府
仕事内容 ■治験または市販後に関する、医薬品または医療機器の安全性情報管理プロジェクトのメンバーとして以下のCase processingタスクを担当していただきます。 

<具体的には>
- 有害事象に関する情報の受領、内容確認、データベースへの登録・入力
- 症例経過の説明文(日本語、英語)の作成
- PMDAへの不具合報告要否の一次評価
- 不具合報告書の作成
- QCチェック
- 顧客へのエスカレーション、調整など
応募資格 【必須経験】
■学歴不問
■安全性情報ケースプロセッシング(入力、トリアージ、評価、QC)経験が1年以上(入力経験のみも可能)
■英語力(辞書を使用して簡単な英文の読解、簡単な文章作成)
■日本語能力(ビジネスレベル)
年収 400万円~1100万円
雇用形態 正社員
企業について 【概要・特徴】
■米国に本拠を置き、製薬・ヘルスケア関連企業向けの幅広いサービスを提供する「IQVIA」の日本法人。IQVIA社は2016年に米国のクインタイルズ社とIMS Health社が合併して誕生しました。世界で約65,000人の従業員を擁し、100以上の国と地域で事業を展開。世界の売上トップ50の医薬品全てにおいて開発・営業に携わった実績があります。

【国内での事業展開】
■日本では、医薬品・医療機器の開発・マーケティング・営業業務を受託する「IQVIAサービシーズジャパン」と、医療・ヘルスケア情報サービスなどを提供する「IQVIAソリューションズ ジャパン」が事業を展開。「IQVIAジャパングループ」を形成し、組織の垣根を超えた活動を行なっています。

■同社はオンコロジー、中枢神経、免疫・炎症の領域を中心に数多くのプロジェクトを受託。5割以上がグローバルスタディ(国際共同治験)であることも特徴です。また、世界最大級のCROの一員として、豊富なノウハウやデータを蓄積。フェーズ1~フェーズ4の治験に対して、フルサービスを提供しています。

■IQVIA社が持つグローバルネットワークが強み。グローバルでの包括契約が可能であるほか、治験国内管理人業務(日本に拠点がない海外企業の国内治験業務の代行)にも対応しています。また、欧米先行型で治験が進められている昨今の状況では、欧米で先行しているプロトコールをもとに日本で治験を行い、比較検討できることも強みとしています。

お問い合わせ番号 : 227441

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?