1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. その他関連の用語一覧
  4. 単盲検試験

単盲検試験

単盲検試験(シングル・ブラインド・テスト)とは、新薬の治療効果・有効性を確かめるための比較試験の一種であり、被験者側のみ治験薬の中身を知らされないまま治験が行われる試験手法。単純盲検試験、シングル・ブラインド・テストともいわれる。

比較試験…治験の被験者をA群・B群といった別々の群に無作為にわけ、一方には被験薬、もう一方には対照薬(偽薬など)を投与する。それぞれの群に表れる症状や薬効を比較することで、被験薬の有効性があるかを判断する試験方法。

二重盲検試験が様々な理由(被験薬と対照薬の区別ができてしまう等)から実施できない場合、単盲検試験が実施される。
ただし単盲検試験は、医師をはじめとした治験を実施する立場の人間が、被験者への治療内容を知ったうえで薬の投与をおこなうため、無意識もしくは意識的に評価へのバイアスがかかる危険性が高い。
また、医師の態度から、自分に投与されている薬の中身に被験者側が気づく可能性が高まるというデメリットもある。
上記の理由により、単盲検試験は二重盲検試験と比べて、正しい結果が出づらい試験手法である。比較試験を行う場合は極力二重盲検試験を実施し、やむを得ず単盲検試験を行う場合は結果にバイアスがかからないよう、治験を実施する立場の人間が発言等に細かく注意する必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加