1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 業界用語・専門用語関連の用語一覧
  4. 薬価

薬価

薬価とは、薬価基準(医薬品ごとに規格・単価を載せた価格表)に収載されている、医療用医薬品の公定価格のこと。公定価格とは、経済統制のために政府が定める価格であり、薬価は厚生労働省によって定められている。

薬価基準には、年に何度かの頻度で新発売の薬(新薬・後発医薬品問わず)が掲載されていく。また、処方数が減り、製造販売が中止された薬は薬価基準から削除される。増減を繰り返し、現在は1万7千品目以上の医薬品が、薬価基準に掲載されている。

厚生労働省が薬価を定める際は、以下2種類の方法がとられている。

■類似薬効比較方式
現在、原則となっている計算方式。
薬価基準に掲載予定の新薬と、効果や作用が類似している薬が既に販売されている場合は、この方式がとられる。類似している薬を比較対象薬と定め、比較対象薬の価格が基準となる。新薬と比較対象薬を効果・安全性・使用方法といった項目で比べ、それぞれの違いの程度に応じて補正加算が行われ、薬価が定められる。

■原価計算方式
類似した薬が存在せず、比較対象薬を定められない場合の計算方式。
新薬の製造原価を参考に、薬価が定められる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加