1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 法律・制度関連の用語一覧
  4. 薬価改定

薬価改定

薬価改定とは、医薬品の価格が適正な値段となるように行う価格調整を指す。
薬価改定は2年に1度のスパンで行われ、改定率は政府によって定められる。

一般的に新薬は発売直後、その薬が持つ希少性や新規性に応じて高い値段がつけられる傾向にある。
ただしその後、似た効果・効用を持つ類似薬が次々に出てくるにつれて希少性などが薄まるため、新薬の持つ価値が徐々に下がっていく。日がたつにつれて変動する価値にふさわしい価格を定めるべきだとして、薬価改定が行われるようになった。

なお、この薬価改定のタイミングでジェネリック医薬品(後発医薬品)と先発薬(長期収載品)とのバランスがとられる。基本的に先発薬の値段を引き下げる動き※1がとられるが、2014年度は通常の引き下げに加え、更に価格を引き下げる「Z2※2」という制度が厚生労働省によって敷かれた。
※1先発薬は、ジェネリック医薬品よりも高い価格設定が行われている。
※2「Z2」…ジェネリック医薬品(後発医薬品)のシェアを奪っている長期収載品に対してかかる、追加引き下げ率を定めた制度である。該当する先発薬のシェアのうち、60%がジェネリック医薬品によって占められる状況になるまで、継続的に値下げが続行されると定められている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加