1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 用語辞典
  3. 法律・制度関連の用語一覧
  4. 市場性加算

市場性加算

市場性加算とは、主にオーファンドラッグの新薬の薬価を定める際に適用される補正加算の一種である。Ⅰ類とⅡ類の2種類があり、Ⅰ類の方がより薬価上昇率が高い。

■市場性加算(Ⅰ)
下記の条件を満たす場合に認められる。薬価上昇率は10~20%。

・該当新薬の対象とする疾患が、希少疾患である
・該当新薬の比較対象となる薬(類似の薬効などを持つ薬)が、市場性加算(Ⅰ)の適用を受けていない

■市場性加算(Ⅱ)
下記の条件を満たす場合に認められる。薬価上昇率は5%。

・該当新薬の主な効能・効果が、小さい市場規模かつ、新薬の開発が少ない薬効群に属している
・該当新薬の比較対象となる薬(類似の薬効などを持つ薬)が、Ⅰ類とⅡ類ともに市場性加算の適用を受けていない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加