1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. CMC薬事の転職・求人
  3. 研究職(バイオ医薬品のCMC品質分析リーダー)

Meiji Seika ファルマ株式会社

情報確認日2022/09/01

募集ポジション 研究職(バイオ医薬品のCMC品質分析リーダー)
勤務地 神奈川県
仕事内容 バイオ医薬品CMCに関する研究開発業務及び管理業務をご担当いただきます。
【具体的には】
抗体医薬品やワクチンの品質関係の分析技術の開発およびデータ取得、国内外の承認申請におけるCMC関連資料の立案ならびに作成業務、海外委託先(CRO)の管理、国内外提携先との折衝をチームリーダーとして推進する。
応募資格 【必須要件】
下記すべてを満たす方
■企業でバイオ医薬品の品質分析経験(SEC分析、IEC分析、HIC分析、ペプチドマッピング、質量分析、CD分析、細胞試験、SPR分析など)
■バイオ医薬品の申請資料作成に関わる業務経験
■メール可能な英語力(海外申請資料の作成、海外CMO・CROとのコミュニケーション)

年収 700万円~1000万円
雇用形態 正社員
英語の使用状況 海外申請資料を作成できる、海外CMO・CRO(例;Catalent社、Sartorius社など)とのコミュニケーション(メール通信、電話会議での会話)を円滑にできる
企業について <設立年月>
1916年10月

<資本金>
283億6,300万円

<社員数>
5759名(2019年3月現在)

<上場・非上場>
非上場

【概要・特徴】
■乳製品・菓子・薬品など幅広い事業を展開する「明治グループ」の医薬品メーカーです。「医療用医薬品事業」と「生物産業事業(農薬・動物薬)」の2事業を展開。感染症と中枢神経系領域に特化し、新薬だけでなくジェネリック医薬品も提供する「スペシャリティ&ジェネリック・ファルマ」として医療業界の多様なニーズに応えています。

■医療用医薬品の分野では1946年にペニシリンを開発して以来、抗菌薬の国内トップメーカーとして業界をリードしてきました。全身性抗菌剤では国内シェア第1位、抗うつ薬+非定型抗精神病薬では国内シェア第4位を獲得。ジェネリック医薬品では新薬系取り扱いメーカーの中で第2位の実績となっています(2019年3月期)。
血液内科領域では、1970年にダウノマイシンを発売して以来、白血病治療に用いられる抗悪性腫瘍剤「テラルビシン注射用」のほか、必要とされる各種抗菌薬などを開発・ 販売しています。
今後も血液内科領域の製品強化を進めており、同社が日本での販売権を有する「ハイヤスタ錠10mg」(一般名:ツシジノスタット)については再発・難治の成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)再発・難治の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)を適応症として2021年に発売しています。また、出資先のロメック・ファーマ合同会社が日本での開発・販売権を有する慢性移植片対宿主病(慢性GVHD)治療薬「ME3208」(一般名:ベルモスジル)については第III相臨床試験実施中です。

【研究開発】
■医薬研究所、CMC研究所、バイオサイエンス研究所、生物産業研究所の4つの研究拠点を有し、細菌・真菌・ウイルスなどの感染症領域、うつ・統合失調症などの中枢神経系領域、がん・バイオ医薬品などの新領域を重点領域に定め、研究開発を推進。

お問い合わせ番号 : 302753

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?

  • 「もっと多くの公開求人を見たい」方

    製薬メーカーを含む全ての公開求人から職種別の応募書類の書き方までわかる。

  • 非公開求人を紹介してほしい」方

    総求人数115件(非公開求人89件含む)の中からご希望に合う求人を紹介してもらう。