1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 製剤研究/製剤設計の転職・求人
  3. 製剤研究

株式会社ファンペップ

新着2022/06/29 UP

募集ポジション 製剤研究
勤務地 大阪府
■大阪大学
仕事内容 ■CMC(製造)担当者として、下記業務を担当していただきます。

・処方検討
・剤形設計
・試験法開発
・工業化、スケールアップ
・技術移管、バリデーション
・CTD作成、申請業務
・照会事項対応
・委託製造所の選定及び製造体制の確立
・委託製造所の指導、コントロール
応募資格 【必須要件】
下記全てに該当する方
■理工医薬学系大学 修士卒以上(学科、専攻不問)
■製剤研究のご経験をお持ちの方
年収 500万円~1000万円
雇用形態 正社員
企業について 【概要・特徴】
■機能性ペプチドの研究開発・販売を行う、大学発の創薬系ベンチャーです。大阪大学大学院医学系研究科の機能性ペプチドの研究成果を実用化することを目的として、2013年に設立。アンメットメディカルニーズ領域である「皮膚潰瘍」と、患者の負担軽減や医療財政問題の解決に寄与する「抗体誘導ペプチド」を主なテーマとして事業を展開しています。

【事業展開】
■大阪大学の機能性ペプチドの研究成果の中から、実用性の高いプロダクトについて共同研究をすすめ、シーズを育てて、実用化への橋渡しを行なっています。医薬品メーカーや化粧品メーカーなどとパートナーシップを組んで、医薬品・機能性化粧品・医療機器として開発し、ライセンス契約料やロイヤリティ収入を得ることで、事業を発展させています。

【製品開発】
■ヒト由来抗菌ペプチド「AG30」を起源とし、ペプチド加工のノウハウを強みに多様なパイプラインを構築しています。機能性ペプチド「SR-0379」は皮膚潰瘍(褥瘡・糖尿病性潰瘍)を対象に、日本で第III相臨床試験の準備がすすめられています。

■抗IL-17A抗体誘導ペプチド「FPP003」は乾癬を対象に、豪州で第I/IIa相臨床試験が行われており、抗IgE抗体誘導ペプチド「FPP004」は花粉症を対象に前臨床段階にあります。さらに2021年1月には、抗IL-23抗体誘導ペプチド「FPP005」が、尋常性乾癬をはじめとする幅広い炎症性疾患を対象に前臨床試験を開始しました。

お問い合わせ番号 : 274378

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?

  • 「もっと多くの公開求人を見たい」方

    製薬メーカーを含む全ての公開求人から職種別の応募書類の書き方までわかる。

  • 非公開求人を紹介してほしい」方

    総求人数226件(非公開求人173件含む)の中からご希望に合う求人を紹介してもらう。