1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 製剤研究/製剤設計の転職・求人
  3. 製造技術開発(再生医療・細胞医薬品)

株式会社ヘリオス

募集ポジション 製造技術開発(再生医療・細胞医薬品)
勤務地 兵庫県
同社の神戸研究所での勤務となります。
仕事内容 ■同社が扱うiPSC再生医薬品、細胞医薬品製品化の為の製造技術開発担当として、以下の業務に携わっていただきます。
【具体的には】
・再生医療等製品における細胞培養プロセス開発業務
・再生医療等製品におけるダウンストリームプロセス開発業務
・上記の関連先行技術情報の調査・導入に関する業務
・製造技術開発及び導入方針立案、推進
応募資格 【必須要件】
■理系大卒以上
■英語力(読み書き)
■以下いずれかの経験をお持ちの方
(1)バイオ医薬品あるいは無菌製剤の製造技術開発業務の経験(目安3年以上)
(2)バイオ医薬品あるいは無菌製剤の製造管理の経験(目安3年以上)
(3)上記業務におけるテーマリーダー、プロジェクトリーダーの経験
(4)大量培養法の検討や再生医療に関わる研究の経験

※アカデミアの方、医療機器、化学メーカーで近しいご経験があればご応募可能です。
年収 600万円~1100万円
手当 通勤手当
雇用形態 正社員
企業について <設立年月>
2011年2月

<資本金>
113億60百万円

<社員数>
93名(2018年12月現在)

<上場・非上場>
上場

■同社は、iPS細胞由来の細胞の臨床応用に向けた研究開発を手がける、理化学研究所認定の企業です。
■体性幹細胞再生医薬品分野では、MultiStemを用いた急性期脳梗塞治療法の開発を進めています。2016年1月、米国のバイオテクノロジー企業アサシス社とライセンス契約を締結し、同社の幹細胞製品MultiStemを用いた脳梗塞に対する細胞治療医薬品の日本国内での開発・販売権を得ました。MultiStem はアサシス社が開発し特許取得済みである量産可能な幹細胞製品であり、現在、アサシス社は脳梗塞やアンメットメディカルニーズの高い他の疾患領域の治療薬として開発を進めています。
■iPSC再生医薬品分野では、眼科・肝臓領域にて開発を進めています。
・iPS細胞由来網膜色素上皮細胞(RPE細胞)を用いた加齢黄斑変性治療法の開発:iPS細胞由来のRPE細胞をiPSC再生医薬品として移植することにより、加齢黄斑変性の治療方法を開発しています。国立研究開発法人理化学研究所による特許実施許諾を受け、日本国内では大日本住友製薬株式会社とともに研究開発を進めています。海外での開発に向けても準備を進めています。
・肝臓原器を用いた代謝性肝疾患治療法の開発:公立大学法人横浜市立大学との共同研究により、臓器のもとになる立体的な臓器の芽を作り出し移植することにより、生体内で機能的な臓器に生育させるという治療方法の開発を行っています。現時点においては、代謝性肝疾患を対象疾患と想定しており、将来肝臓移植の代替治療となることを目指しています。

お問い合わせ番号 : 193662

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?

  • 「もっと多くの公開求人を見たい」方

    製薬メーカーを含む全ての公開求人から職種別の応募書類の書き方までわかる。

  • 非公開求人を紹介してほしい」方

    総求人数451件(非公開求人343件含む)の中からご希望に合う求人を紹介してもらう。