1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 経営企画/事業開発/ライセンシング・特許の転職・求人
  3. Product Manager(データ・デジタル&テクノロジー部)

武田薬品工業株式会社

募集ポジション Product Manager(データ・デジタル&テクノロジー部)
勤務地 東京都
仕事内容 私たちが求めるプロダクトオーナーは、CXジャーニー/OCEモデル実現を支えるプロダクトやプラットフォームの持つケイパビリティを発展・最大化させることで、顧客である医療関係者のエンゲージメント向上に貢献頂きます。また、管理するプロダクトやプラットフォームを軸として、CX内ファンクション、BU、ブランドとのアジャイルな働き方(SCRUM)をリードし、CXジャーニー/OCEモデルがデリバリする顧客体験価値の品質向上とともに、JPBUのケイパビリティとして育てて頂きます。
そして、市場のトレンドもふまえ、プロダクトやプラットフォームの提供価値を数値で測定し、機会、課題、潜在的なリスクに迅速に対応することで、競合他社に対するビジネス上の優位性を確保頂きたいと考えています。

・オウンドサイト、CRM、マーケティングオートメーションツール、CDP、CMSなどのプロダクトやプラットフォームの機能と提供価値を正確に把握し、ステークホルダーの要求もふまえつつ、具体的な運用方針を定義、実行する
・プロダクトやプラットフォームの提供価値をシークエンス分析などの手法により測定し、課題をいち早くとらえ、成長を図る
・プロダクトやプラットフォームのアクティビティの進捗状況について、定期的かつ透明性をもって社内ステークホルダーへレポートし、フィードバックを受けて向上・成長させる
・プロダクトやプラットフォームのアクティヴィティにおける3rdパーティー依存を減らし、必要なケイパビリティを内製化することで、OPEXを最適化する
・アジャイル型での働き方(SCRUM)をPO/SMなどの役割を担うことで推進し、CXチーム内のファンクション、ビジネスユニットおよびブランドと横断・有機的に協働することで、CXチームのサービス・プロダクトがもたらす価値をいち早く顧客に届ける
応募資格 【必須要件】
下記すべてを満たす方
■製薬・ヘルスケア領域でデジタル関連業務に携わった実務経験
■カスタママーケティングプロセスに対する深い知識もしくは実務経験
■アジャイル開発/SCRUMに対する深い知識もしくは実務経験
■英語:ビジネスレベル以上(読み書き・会話)
年収 経験・能力を考慮のうえ、優遇
手当 通勤交通費、借家補助費、時間外手当 等
雇用形態 正社員
英語の使用状況 ビジネスレベル以上の英語力(読み書き・会話)
働く環境 【募集部門の紹介】
COVID-19をきっかけとして、製薬業界における従来型のコマーシャルモデルが大きく変化しました。また、医療関係者の情報入手手段も多様化しています。このような中、同社は、顧客視点での価値を提供し続けるために、データおよびテクノロジーをフルに活用し、個別のニーズを捉えた顧客体験を提供することが大切だと考えています。本部門はその中核として、全社をリードするとともに、ケイパビリティの内製化を進め、患者さんとビジネスへの貢献を目指しています。
トピックス ■仕事のやりがい
同社は患者さんのことを常に考え、尽くすことを目指してきました。従って、社内で従事するみなさんのさまざまな業務は、そのまま患者さんの健やかで輝かしい未来をお届けすることに繋がっています。オムニチャネルエンゲージメントの取り組みにより、医療関係者のエンゲージメント向上に寄与し、患者さん貢献や医療貢献を実感できます。ぜひ、データ&デジタルの力で患者さんのQOLに貢献することを一緒に実現してみませんか?

■本職務で身につくスキル・経験
製薬業界におけるデジタルを活用したオムニチャネル型情報提供による顧客エンゲージメントの向上を通じた、患者さん貢献や医療貢献を実感できます。
企業について 【概要・特徴】
■創業240年以上、売上高国内トップの製薬会社。東京証券取引所とニューヨーク証券取引所の両方に上場している唯一の製薬会社で、世界約80の国と地域に45,000人以上の従業員を擁しています。2019年にアイルランドのシャイアー社の買収したことで、売上高が3兆円を突破し、世界トップ10入りを果たしています。

■連結売上高の約90%が医療用医薬品です。国内の主要製品は酸関連疾患治療剤「タケキャブ」や高血圧症治療剤「アジルバ」、前立腺がん・乳がん・子宮内膜症治療剤「リュープリン」などで、「タケキャブ」と「アジルバ」は2021年の国内医療用医薬品売上高トップ10に入っています(Answers Newsより)。

【研究開発】
■2021年3月期の研究開発費は4,558億円で、国内製薬会社でトップです。「オンコロジー」「希少疾患」「神経精神疾患」「消化器系疾患」の4つの重点疾患領域に研究開発を集中させており、さらに「血漿分画製剤」と「ワクチン」の開発に重点的に投資しています。

■パイプラインには、40以上の新規候補物質を保有。そのうち90%は2015年以降に加わったもので、パイプラインの60%以上は世界各地のパートナーと共同で開発が進められています。また、ウェーブ1(2024年度までに承認取得を目指すパイプラインの候補化合物)は11あり、2024年度までに最大で15種類の製品の上市を見込んでいます。

お問い合わせ番号 : 292898

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?