1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 創薬研究の転職・求人
  3. 再生医療分野における細胞プロセス研究マネージャー

求人情報の一部をご紹介しております。求人への応募をご検討いただく際にはより詳細な内容をお伝えいたします。

株式会社iXgene

情報確認日2024/03/29

募集ポジション 再生医療分野における細胞プロセス研究マネージャー
勤務地 東京都
仕事内容 ■同社の研究員として下記業務を担当して頂きます。
・細胞の研究開発業務
・非臨床試験に向けた、製造法の開発、及び細胞製造等の業務
・臨床試験を見据えた、製造法の開発
・製造法、及び規格、品質関連の当局対応ならびに資料作成
・外部提携先との業務遂行上のリーダー業務
※上記業務は研究部長の元進めていただきます
応募資格 【必須要件】※下記すべてに該当する方
■iPS細胞の取り扱い経験
■細胞医薬品の研究開発経験
年収 500万円~1000万円
雇用形態 正社員
企業について 【概要・特徴】
■ゲノム編集iPS細胞を用いた難治性疾患治療薬の開発を目指す、慶應義塾大学発のスタートアップ企業です。2020年1月に設立された慶應義塾大学発のスタートアップ企業です。

■自殺遺伝子導入iPS細胞を分化させた神経幹細胞(NSC)を、遺伝子治療用細胞製剤として使用することを目指しています。iPS細胞を用いた細胞治療は、iPS細胞に起因する造腫瘍性が臨床使用に向けた大きな課題となっていますが、同社が開発中の細胞製剤では、自殺遺伝子の作動によりiPS細胞由来NSC自身が死滅するため、安全性を高めたiPS細胞治療につながることが期待されています。現在は悪性脳腫瘍、外傷性脳損傷、脳梗塞を対象とした3本のパイプラインが進行中です。

【対象とする疾患領域】
■「悪性神経膠腫(グリオーマ)の再発治療」:悪性神経膠腫は、悪性度が高く予後が極めて悪いことが特徴です。なかでもグレード4に分類される膠芽腫は、再発率が高く(半年後47.3%、1年後73.2%)、標準療法5年生存率は16%となっています。そのため、画期的な治療法が望まれています。

■「脳損傷からの機能回復」:脳梗塞などにより脳機能に欠損が生じた場合、障害後の神経部位の自然再生は困難とされています。また、脳梗塞における神経症状は重症長期障害原因の第1位となっており、対症療法とリハビリ以外には、神経症状を改善する治療法がないのが現状。さまざまな細胞治療が試されていますが、いまだ発展途上にあります。

お問い合わせ番号 : 364084

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?

  • 「もっと多くの公開求人を見たい」方

    製薬メーカーを含む全ての公開求人から職種別の応募書類の書き方までわかる。

  • 非公開求人を紹介してほしい」方

    総求人数771件(非公開求人585件含む)の中からご希望に合う求人を紹介してもらう。