1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 創薬研究の転職・求人
  3. 診断技術・新規診断デバイス開発の主担当者

旭化成株式会社

募集ポジション 診断技術・新規診断デバイス開発の主担当者
勤務地 静岡県
仕事内容 ■新規診断技術(主にPOC診断)開発・デバイスおよび量産設計開発実務全般をご担当いただきます。
【具体的には】
・新規診断技術探索
・新製品企画
・外部アライアンス開発管理 等
※主に、感染症向け診断デバイスの基礎技術開発、製品化開発、量産設計開発等をご担当頂く予定です。
※開発推進にあたり、共同開発先企業・大学、感染症のKOLの方など社外との折衝や出張が発生致します。
応募資格 【必須要件】
■理系大卒以上(理学・農学・薬学部などのバイオ系学科、あるいはバイオ系化学・工学部)
■メーカーにて、バイオ系技術に関連する研究開発経験をお持ちの方(診断薬・診断機器・医療機器・医薬品いずれでも可)
年収 400万円~1000万円
雇用形態 正社員
企業について <設立年月>
1931年5月

<資本金>
103389百万円

<社員数>
33720名(2017年3月現在)

<上場・非上場>
上場

【概要・特徴】
90年以上の歴史を持つ、総合化学メーカーです。1930年代に日本初のアンモニア化成品や世界初のキュプラ繊維「ベンベルグ」を販売して以降、時代のニーズに応え事業の多角化を進めてきました。「マテリアル」、「住宅」、「ヘルスケア」の3領域で事業を展開。戸建住宅「へーベルハウス」や食品包装用フィルム「サランラップ」、LIB用セパレータ「ハイポア」、着用型自動除細動器など多岐にわたる製品を提供しています。世界20カ国以上に生産・販売・研究開発の拠点を有し、グローバルに事業を展開しています。

【強み】
多様な技術に基づく多面的なビジネスモデルを展開している点が強み。触媒・プロセス技術、繊維紡糸技術、膜・ろ過技術、半導体薄膜形成技術など、数々のコア技術を確立しています。コア技術から生まれた革新的な製品として、電子コンパス(世界No.1)、エコタイヤ向け合成ゴムS-SBR(アジアNo.1)、骨粗しょう症治療剤などがあげられます。また、新規事業分野として、「深紫外LED(UVC LED)の事業化」などにも取り組んでいます。

【研究開発】
グループ横断的に中長期的なテーマを開拓するコーポレートR&Dと、各既存事業の展開に必要なテーマを深掘りするR&Dに取り組んでいます。2016年度の同グループ全体の研究開発費は796億円であり、その内訳は医療・医薬が24.8%、ケミカルが21.4%、コーポレートが17.1%、エレクトロニクスが14.5%などとなっています。

お問い合わせ番号 : 182849

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?

  • 「もっと多くの公開求人を見たい」方

    製薬メーカーを含む全ての公開求人から職種別の応募書類の書き方までわかる。

  • 非公開求人を紹介してほしい」方

    総求人数324件(非公開求人247件含む)の中からご希望に合う求人を紹介してもらう。