1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 前臨床研究の転職・求人
  3. 免疫薬理研究員

求人情報の一部をご紹介しております。求人への応募をご検討いただく際にはより詳細な内容をお伝えいたします。

レグセル株式会社

情報確認日2024/06/12

募集ポジション 免疫薬理研究員
勤務地 大阪府
仕事内容 再生医療等製品(細胞)の商業化に向けて、免疫薬理研究の研究員として、前臨床段階の研究開発をサポートしていただきます。

【具体的には】
・薬効薬理試験および細胞の分化誘導、性状解析、機能評価の実施
・研究計画書・研究報告書の作成
応募資格 【必須要件】下記全てを満たす方
■動物実験経験
■免疫に関する試験の経験あるいはFACSを用いた経験
年収 400万円~600万円
雇用形態 正社員
企業について 【概要・特徴】
■「Treg(Regulatory T cell=制御性T細胞)」活用による新たな免疫療法の実現を目指す再生医療ベンチャー。iPS細胞研究開発企業「(株)iPSポータル」と、 大阪大学特別教授 兼 京都大学再生医科学研究所・客員教授の坂口志文氏との共同で設立されました。

■坂口教授が発見し、40年以上にわたり研究を続けてきたTregを使い、「抗原特異的な免疫抑制(抑制が必要な免疫反応のみ特異的に抑制)」という新しい免疫細胞療法を研究しています。Tregを応用し、従来にないコンセプトの医療技術の創成にチャレンジしています。

【免疫疾患について】
■免疫が原因で発症する疾患には難病指定されているものが多くあります。その中でも自己免疫疾患は原因不明なものが多く、現在はステロイド等の免疫抑制剤によって免疫全般を抑制する治療法が主流ですが、感染症などのリスクや、ステロイドによる重篤な副反応もあり、アンメットニーズが存在しています。

【研究開発】
■同社は炎症性のT細胞から機能的で安定したTreg(iTreg:induced Treg)を作成する技術を開発。これを自家細胞治療として応用し、抗原不明の自己免疫疾患であっても、免疫全般を抑制することなく行える「抗原特異的な免疫抑制」の研究を進めています。

■同治療法は自己免疫疾患だけでなく、アレルギー疾患、移植拒絶の抑制など、幅広い応用範囲が期待できます。また、Tregを減弱化することで免疫反応を惹起させ、がんなどの治療に役立てる研究にも取り組んでいます。

【再生医療業界】
■再生医療産業の育成は国の成長戦略の一つとして掲げられており、2013年に「再生医療推進法」も成立しています。政府が進める「再生・細胞医療・遺伝子治療プロジェクト」の令和5年度研究開発関連予算は231億円となっています(首相官邸資料)。

お問い合わせ番号 : 325333

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?

  • 「もっと多くの公開求人を見たい」方

    製薬メーカーを含む全ての公開求人から職種別の応募書類の書き方までわかる。

  • 非公開求人を紹介してほしい」方

    総求人数250件(非公開求人191件含む)の中からご希望に合う求人を紹介してもらう。