1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 前臨床研究の転職・求人
  3. 医療デバイスの安全性・有効性を検証するためのin-vitro/vivo系評価技術の構築

旭化成メディカル株式会社

募集ポジション 医療デバイスの安全性・有効性を検証するためのin-vitro/vivo系評価技術の構築
勤務地 静岡県
仕事内容 同社にて下記業務をご担当いただきます。
■動物実験(in-vivo)
・実験は、提携大学および社外施設(主にCRO)で実施
・実験データをもとに、デバイスの評価・開発を実施
■評価方法の確立および各種データ解析
・血液浄化領域における臨床外挿性の高い病態モデルの作製(実験対象:大動物/特にブタ)
・専門知識(病理、臨床検査等)を生かし評価方法の確立や各種データを解析
応募資格 【必須要件】
■動物実験(in-vivo)の経験及び生体反応の解析経験
年収 400万円~700万円
雇用形態 正社員
企業について ■同社は、日系大手化学メーカーである旭化成株式会社の100%子会社である医療機器メーカーです。
■旭化成グループとして培ってきた豊富な基礎技術、研究開発成果を応用し、血液透析事業、アフェレシス事業、輸血関連事業(輸血フィルター事業)、製薬プロセス事業(バイオプロセス事業)の4つの事業を展開しています。
■血液透析事業は、社内で最も歴史が長く、1974年に総合繊維・化学メーカーとして長年蓄積してきた独自のセルロース繊維技術をベースに中空糸型透析膜の開発に成功し、製造・販売を開始しました。現在、主力製品であるダイアライザーは、国内でトップクラスのシェアを維持し、早くから積極的に進出した海外においては世界70ヶ国以上で使用されています。
■アフェレシス事業は、旭化成グループの透析事業を母体として培われてきた、世界最先端の「膜分離」「吸着分離」の技術プラットフォームを活かし、「血液」に関する豊富な経験とノウハウと高度に融合させて構築したアフェレシス療法を提供しています。
■旭化成グループの人工腎臓事業を母体として培われてきた、世界最先端の「膜分離」「吸着分離」の技術プラットフォームを活かし、世界で初めてポリエステル系の「不織布」を用いた白血球成分の捕捉・除去技術の開発に成功しました。白血球除去フィルター「セパセル」として製品化されており、国内のみならず米国、フランスでもトップクラスのシェアを獲得しています。
■バイオプロセス事業は、膜分離技術を高度に応用し、ウイルス除去用フィルター「プラノバ」の製造・販売を行っています。血漿分画製剤やバイオ医薬品などの製造工程においても使用されており、年々ニーズは高まっています。
■旭化成グループ全体のグローバル展開戦略においても、医療事業は中核を担っており、今後も国内外でも成長が見込まれています。

お問い合わせ番号 : 251802

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?

  • 「もっと多くの公開求人を見たい」方

    製薬メーカーを含む全ての公開求人から職種別の応募書類の書き方までわかる。

  • 非公開求人を紹介してほしい」方

    総求人数250件(非公開求人191件含む)の中からご希望に合う求人を紹介してもらう。