1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 前臨床研究の転職・求人
  3. 自社製品のプロジェクトトキシコロジスト又はin vivo毒性試験の試験責任者

中外製薬株式会社

新着2022/09/21 UP

募集ポジション 自社製品のプロジェクトトキシコロジスト又はin vivo毒性試験の試験責任者
勤務地 静岡県
仕事内容 ■非臨床安全性の試験責任者またはプロジェクト推進者として、研究初期から承認取得までの段階で、他機能と連携しながら、画期的新薬の創製に貢献する。

【具体的には】
■非臨床安全性のプロジェクト推進者として、主に候補品選択段階から承認取得までの間で画期的な新薬の創製に貢献する。安全性課題を見極め解決する。非臨床安全性の戦略と計画を立てる。非臨床安全性の活動を牽引する。総合的な毒性評価とヒトの安全性リスク評価を行う。治験や承認申請に関連する公式文書の該当部分を執筆する。研究者、プロジェクト、意思決定者、コンサルタント、ロシュを含む外部ビジネスパートナー、規制当局などのステークホルダ―と連携してこれらの業務を行う。
■試験責任者として、in vivo毒性試験や機序解明試験を立案、デザイン、遂行する。データを解釈し毒性を評価する。計画書、報告書を作成する。CRO、コンサルタント、ロシュを含む外部のビジネスパートナーと連携する。

※22年秋から23年春にかけて横浜市戸塚区(中外ライフサイエンスパーク横浜)に移転予定
(入社時期により勤務地が変わる可能性がありますので、詳細については選考の中で確認してください)
応募資格 【必須要件】
下記全てに該当する方
■理学、獣医、薬学などの修士以上
■開発薬のプロジェクトトキシコロジストの実務経験
■医薬品のin vivo毒性試験の試験責任者の実務経験
■開発薬のin vivo毒性研究及び毒性試験において5年以上の実務経験
■GLPに関する実務経験
年収 500万円~1000万円
雇用形態 正社員
企業について 【概要・特徴】
■東証プライム上場、「がん」「骨・関節」「腎」の領域に強みを持つ製薬メーカーです。がん領域製品の国内シェアは16.4%で、2008年から連続でトップを維持。また、抗体医薬品の国内シェアも23.9%とトップです。同社の年間売上高は約6,861億円で、国内製薬会社では第6位となっています(2020年度実績)。
■「がん」「骨・関節」「腎」の領域を中心に数多くの医薬品を展開しています。2019年度の売上高は抗悪性腫瘍剤「アバスチン」が956億円、抗リウマチ薬「アクテムラ」が418億円、腎性貧血治療剤「ミルセラ」が222億円、血友病治療薬「ヘムライブラ」が252億円など。2019年度国内医療用医薬品売上高ランキングで「アバスチン」が第3位、「アクテムラ」が22位、「ヘムライブラ」が46位となっています(Answers Newsより)。
【製品開発】
■同社は1980年代からバイオ医薬品開発に取り組み、国産初の抗体医薬品を創製したパイオニア企業です。独自の抗体改変技術を次々と確立しており、2017年には二重特異性(バイスペシフィック)抗体技術を使った世界初の血友病治療薬「ヘムライブラ」を発売しています。
■がんや関節リウマチ、血友病などの領域において、有効な治療法が見つかっていない疾患に対する医療ニーズ(アンメットメディカルニーズ)に応える新薬の開発に取り組んでいます。開発パイプラインには63のプロジェクトが進行しており(2020年2月現在)、これは国内製薬メーカーでもトップクラスとなっています。

お問い合わせ番号 : 250316

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?

  • 「もっと多くの公開求人を見たい」方

    製薬メーカーを含む全ての公開求人から職種別の応募書類の書き方までわかる。

  • 非公開求人を紹介してほしい」方

    総求人数328件(非公開求人250件含む)の中からご希望に合う求人を紹介してもらう。