1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. メディカルアフェアーズ/MSLの転職・求人
  3. ガン臨床研究担当者

第一三共株式会社

募集ポジション ガン臨床研究担当者
勤務地 東京都
仕事内容 ■がん臨床研究を担当します。

【具体的には】
■臨床研究の企画・オペレーション管理業務(CROマネジメント)
■臨床研究の推進サポート(社内外関係者との対応を含む)
応募資格 【必須要件】
下記、全てに該当する方
■がん領域の基礎知識を有する
■医薬品企業またはCRO等において臨床試験または臨床研究のオペレーションを担う部門に所属し、5年以上の業務経験を有する
■臨床試験または臨床研究の企画、オペレーション、およびCROマネジメントに関する知識・業務経験
■ICHや日本の規制当局が公表しているGCPおよび臨床研究法に関わる法規制を理解
■英語でのコミュニケーション力(読み書きレベル)
年収 500万円~1000万円
雇用形態 正社員
企業について 【概要・特徴】
■東証プライム上場、「循環器」「感染症」「がん」領域に強みを持つ製薬メーカーです。100年以上の歴史を持つ「三共」と「第一製薬」の統合により2005年に設立。世界24カ国に拠点を展開し、グループ会社51社を有するグローバル企業です(2018年度)。また、医療用医薬品のほか、ジェネリック医薬品や「ルル」「ロキソニンS」などOTC医薬品もグループ会社によって展開しています。

■売上高(連結)は9,297億円であり、国内の製薬会社売上高ランキングでは第4位。抗凝固薬「リクシアナ」のグローバルでの年間売上高は1,177億円(世界のブロックバスター売上高ランキングで第127位)、抗潰瘍剤「ネキシウム」の国内での年間売上高は783億円(製品別国内売上高ランキングで第5位)です。※数字は全て2018年度のもの、ランキングはミクス2019年7月号およびAnswersを参照

■2025年ビジョンとして「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」となることを掲げています。2015年以前は循環器領域やプライマリー領域を中心としていましたが、2016年からは、がんを中心とするスペシャルティ領域を中核とする企業への変革を図っており、2025年までにがん領域で7つの新薬の上市を目指しています。

■2019年に2兆4000憶円程度であった時価総額が、2020年1月には5兆円を超えています。

【製品開発】
■がん領域を中心にアンメットメディカル(未充足医療)ニーズにフォーカスしたパイプラインを構築。がん領域のほか、スペシャルティ領域やワクチン領域でプロジェクトが進行しています。

■2020年1月には、新型抗ガン剤の「エンハーツ(一般名トラスツズマブ・デルクステカン)」を米国で発売。国内では2019年9月に承認申請を行い、2020年の承認取得を目指しています。

お問い合わせ番号 : 282283

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?