1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. メディカルアフェアーズ/MSLの転職・求人
  3. メディカルリサーチ&ケイパビリティグループ コミュニケーションチーム

武田薬品工業株式会社

新着2020/12/02 UP

募集ポジション メディカルリサーチ&ケイパビリティグループ コミュニケーションチーム
勤務地 東京都
仕事内容 JOBU MA部の庶務、経理、購買に関する以下の実務業務をご担当いただきます。
■パブリケーション
・各ブランドのパブリケーションプランに基づくパブリケーションスケジュールの立案
・内部・外部の著者対応
・レビュー・投稿等の実行(Global,アライアンス会社を含む)
・ベンダーとの協業          
■メディカルインフォメーション
・メディカルインフォメーションリクエストに対する調整業務(研究所等との連絡窓口業務含む)
・メディカルインフォメーションブース実行のサポート
・SCRM(MA訪問記録ツール)のJOBU内の管理・分析(SCRM主幹部門との調整を含む)
■コミュニケーション
・新任導入研修プランのコーディネート
・MAメンバーの教育研修のプランと実行
・PMS関連の教育の実行
・上記教育実施における記録と管理
応募資格 【必須要件】
下記の■すべてを満たす方
■医科学系活動またはこれに関連する経験(臨床診療、研究、マーケティングまたは学術活動)
■製薬企業の臨床研究やMSLに関連する法律や規制ガイドラインの理解
■英語力 (TOEIC:730点以上)
年収 経験・能力を考慮のうえ、優遇
手当 通勤手当、住宅手当
雇用形態 正社員
英語の使用状況 英語力 (TOEIC:730点以上)
働く環境 【募集部門の紹介】
日本オンコロジー事業部メディカルアフェアーズ部(JOBU MA部)は、Oncology 領域におけるパイプラインの新薬開発(未承認薬)から市販後そしてLCMまで一貫した製品価値最適化・最大化を目指したメディカル活動を担っています。
メディカルリサーチ&ケイパビリティグループ コミュニケーションチームは、JOBU MA部が扱う各ブランドのパブリケーションとメディカルインフォメーションの質向上に貢献し、JOBU MA内の教育・研修を担当するチームで、主な業務は以下の通りです。
■パブリケーション:Oncologyの専門性生かし、国内開発治験関連、臨床研究、基礎研究、Review論文等のパブリケーションにおいて、各ブランドのMedical Strategyに沿ったパブリケーション実行におけるプロジェクト管理をする。
■メディカルインフォメーション:Medical Information 機能の管理、MSLのKOL engagement活動の分析・検証等を通じてMAの機能の改善・強化に貢献する
■教育・研修:MAメンバーの専門性向上を目指し、新任メンバーの導入教育とMAメンバーの継続教育をプランし運用を図る。
がん患者さん本位の医療の発展のために貢献したいという強い熱意を持っている方をお待ちしております。
トピックス 社員は、公開された評価項目・評価基準をもとに、自己評価を行い、上司との評価面談をし、評価結果と評価の根拠は必ずフィードバックされるなど「透明度の高い評価制度」と「成果重視の報酬体系」を実現するための人事制度を導入しています。
企業について 【概要・特徴】
・創業230年を超え、国内売上1位である日本の医療用医薬品業界を代表するリーディングカンパニーです。
・2019年にはシャイアー社を買収し、グローバル売上でもTOP10入を果たしています。
・医療用医薬品の売上が連結売上高の約9割を占め、主力製品としてはベルケイド(多発性骨髄腫治療剤)やリュープリン(前立腺がん)などがあります。
【今後の事業展開】
・「Value」「People」「R&D」および「Business Performance」の4つの柱からなる戦略ロードップを示しており、消化器系疾患でのNo.1、オンコロジーにおけるトップ10、中枢神経系疾患および新興国事業の強いプレゼンスを目指しています。
・重点領域を中心とした選択と集中を進めており、昨今では米国バイオ医薬品会社ミレニアム・ファーマシューティカルズ社や新興国にも強い欧州のナイコメッド社を買収、呼吸器領域の事業や子会社である和光純薬を売却しています。2017年1月にはがん領域に強みを持つ米国アリアド・ファーマシューティカルズ社を買収するなど、グローバル市場の獲得を目指しています。
【人事制度・組織風土】
・今後のグローバルビジネスを牽引するリーダー人材育成に向け、プレジデントフォーラム(次世代リーダー育成を目的に、経営幹部と討論や一対一のコーチングを通じて学ぶリーダー研修)やアクセラレーター・プログラム(高いポテンシャルを持つ若手従業員を対象に、国際経験や部門横断的な業務経験を積ませながら、早期からのキャリア形成を加速)などの研修を積極的に行っています。
・在宅勤務やフレックスタイム制の利用なども積極的に行っており、男性の育児休暇取得者も年々増加し、2014年度には73人の男性社員が育児休暇を取得しています。

お問い合わせ番号 : 245518

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?