1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. プロジェクトマネージャー/開発企画の転職・求人
  3. 新規導入を検討する医療機器の薬事承認・保険取得支援、臨床評価

帝人ファーマ株式会社

情報確認日2022/08/03

募集ポジション 新規導入を検討する医療機器の薬事承認・保険取得支援、臨床評価
勤務地 東京都
仕事内容 ■新規導入を検討する医療機器の薬事承認・保険取得支援、臨床評価(PMDAの対応を含む)をご担当いただきます。
応募資格 【必須要件】
下記■すべての要件を満たす方
■ビジネスレベルの英語力
■以下のいずれかの経験を有する
・省令GCPに基づく治験(医薬品または医療機器)のモニター経験(3年以上)を有する
・省令GCPに基づく治験の立案・実施・集約に関わった経験を有する
・人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(臨床研究に関する倫理指針/疫学研究に関する倫理指針を含む)に基づく臨床試験/研究の経験を有する
・医療機器臨床試験/研究のモニター経験を有する
・PMDAとの臨床要否相談やプロトコル相談等の対応経験を有する
年収 経験・能力を考慮のうえ、優遇
雇用形態 正社員
英語の使用状況 ビジネスレベル
企業について 【概要・特徴】
■「骨・関節」「呼吸器」「代謝・循環器」の3領域に特化した医薬品・医療機器メーカー。「医薬品」と「在宅医療」を両輪に事業を展開しています。医薬品事業では研究開発型企業として、痛風・高尿酸血症治療剤「フェブリク」をはじめとする数々の医薬品を創出。在宅医療事業では、在宅酸素療法(HOT)のパイオニアとして実績を築いています。

【グループ展開】
■帝人(株)は1970年代に医薬事業、1980年代に在宅医療事業をスタート。それぞれの事業を着実に成長させ、2003年に医薬医療事業を分社化し、同社を設立しました。帝人グループにおいて、ヘルスケア事業はマテリアル事業と並びグループを支える2本柱の1つであり、同社はヘルスケア事業の中核を担っている企業です。

【医薬品事業】
■研究開発への投資を積極的に行い、これまで静注用人免疫グロブリン製剤「ベニロン」や気道潤滑去痰剤「ムコソルバン」など、大型の新薬を次々と上市してきました。1991年には痛風・高尿酸血症治療剤として、世界で40年ぶりとなる新薬「フェブリク」の創製に成功。以来グローバル展開を積極的に進め、現在は世界78カ国で販売をしています(2020年6月)。

【在宅医療事業】
■1980年代に国産第1号の酸素濃縮装置を発売して以来、日本の在宅医療を牽引。酸素濃縮装置「ハイサンソ」、携帯用軽量酸素ボンベ「ライトテック」、超音波骨折治療器「セーフス」、自動圧調整CPAP装置「スリープメイト」など、多彩な製品を展開しています。

お問い合わせ番号 : 281370

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?