1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. ファーマコビジランス(安全性情報)の転職・求人
  3. ファーマコビジランス(安全対策グループ)

武田薬品工業株式会社

新着2022/09/21 UP

募集ポジション ファーマコビジランス(安全対策グループ)
勤務地 大阪府
仕事内容 下記業務をご担当いただきます。

■日本における臨床試験に関する安全性業務
・​臨床試験における安全対策立案と関連文書の作成・レビュー
・グローバル開発チームのPV担当との折衝・情報共有
・治験薬に関する安全性評価(個別症例評価ではない)
・治験薬の安全性に関わる文書の作成(治験定期報告書等)
・承認申請における安全対策立案(添付文書「使用上の注意」、RMP等)、審査対応
■ 日本における承認後の安全対策に関する業務
​・市販直後調査
・安全性情報のシグナル/リスク評価・安全対策立案(添付文書「使用上の注意」、RMP等 )
・安全性定期報告等の定期報告書の作成
■グローバル安全性評価チームにおける安全性評価、安全対策立案等

<仕事のやりがい>
ニュースリリースでも発表しているように、新規開発プロジェクトが次々と育っている事業環境において、臨床開発の初期から市販後まで一貫して安全対策戦略を行う「ファーマコビジランス」を実践できる部門です。グローバル開発のダイナミズムも含めて刺激のある業務とともに、常に患者目線で中立、サイエンスに立脚した安全対策を積極的に立案する場面も多いです。
応募資格 【必須要件】
下記すべての要件を満たす方
■4年制大学(理系学部)卒業以上
■集積評価の実務経験
■日常会話+読み書き可能なレベルの英語スキル(TOEIC730点以上が目安)
年収 経験・能力を考慮のうえ、優遇
雇用形態 正社員
英語の使用状況 グローバルと適切にコミュニケーションし、会議において最低限のディスカッションができるレベルの英語スキル
働く環境 【部門紹介】
日本開発センターでは同社の重点疾患領域における臨床開発を担っています。ファーマコビジランス(PV)部安全対策グループでは、開発品及び市販品の包括的な安全性評価、リスクマネジメント、安全対策立案等を疾患領域毎に分かれたチームで行っており、PVの核となるストラテジーを担当しています。
トピックス 【部門からのメッセージ】
PV部安全対策グループでは、開発から市販後に至るまで包括的な安全性評価、リスクマネジメント、安全対策立案を重点疾患領域ごとのチームで行っており、PV部門の核となるストラテジーを担っています。PV部門には医師資格保有者や疫学専門家等も在席しており、サイエンスレベルは非常に高いレベルにあります。また、とてもフレンドリーで明るい職場であり、相談もしやすく、PV業務を通じてサイエンスの知識を深め、患者さんのために貢献したいというお気持ちがあれば適した環境です。
フレックス制度に加え、オフィスワークとリモートワークを組み合わせたハイブリッドワーキングモデルを導入しており、個々人のライフ・ワークバランスに適応した働き方が可能です。
企業について 【概要・特徴】
■創業240年以上、売上高国内トップの製薬会社。東京証券取引所とニューヨーク証券取引所の両方に上場している唯一の製薬会社で、世界約80の国と地域に45,000人以上の従業員を擁しています。2019年にアイルランドのシャイアー社の買収したことで、売上高が3兆円を突破し、世界トップ10入りを果たしています。

■連結売上高の約90%が医療用医薬品です。国内の主要製品は酸関連疾患治療剤「タケキャブ」や高血圧症治療剤「アジルバ」、前立腺がん・乳がん・子宮内膜症治療剤「リュープリン」などで、「タケキャブ」と「アジルバ」は2021年の国内医療用医薬品売上高トップ10に入っています(Answers Newsより)。

【研究開発】
■2021年3月期の研究開発費は4,558億円で、国内製薬会社でトップです。「オンコロジー」「希少疾患」「神経精神疾患」「消化器系疾患」の4つの重点疾患領域に研究開発を集中させており、さらに「血漿分画製剤」と「ワクチン」の開発に重点的に投資しています。

■パイプラインには、40以上の新規候補物質を保有。そのうち90%は2015年以降に加わったもので、パイプラインの60%以上は世界各地のパートナーと共同で開発が進められています。また、ウェーブ1(2024年度までに承認取得を目指すパイプラインの候補化合物)は11あり、2024年度までに最大で15種類の製品の上市を見込んでいます。

お問い合わせ番号 : 290695

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?