1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. ファーマコビジランス(安全性情報)の転職・求人
  3. ケースプロセス管理(ファーマコビジランス部)

大日本住友製薬株式会社

新着2022/01/27 UP

募集ポジション ケースプロセス管理(ファーマコビジランス部)
勤務地 大阪府
仕事内容 治験薬および製造販売後医薬品のケースプロセスを担当する部門です。個別症例評価だけでなく、次のような業務も担当します。
・副作用等個別症例(治験薬を含む)評価業務とそのプロセス管理・改善
・規制当局への報告、海外提携会社/子会社への情報提供
・業務委託先の管理
・安全性情報収集プロセスの管理・整備 等
応募資格 【必須要件】
下記全てを満たす方
・ファーマコビジランスにおける実務経験3年以上
・柔軟で高いコミュニケーション能力及び対人折衝能力
・英語でのコミュニケーション・文書作成能力(ビジネスレベル)
年収 520万円~800万円
雇用形態 正社員
英語の使用状況 英語でのコミュニケーション・文書作成能力
働く環境 ファーマコビジランスだけでなく、開発や研究部門出身者も多く、さまざまなバックグラウンドを持ったメンバーが働いています。比較的ベテランが多い職場ですが、最近は若手も増えてきました。治験薬及び医薬品の安全性情報は電子システムにて収集・評価しており、各自のPCから必要なシステム等にアクセスでき、リモートワークにも対応しています。ただし、提携会社等への個別症例情報の提供は、期限が厳しいため、長期休暇の際には、休日対応が必要になる場合もあります。
企業について ■東証一部上場・研究開発型の日系製薬メーカーです。2005年10月、大日本製薬株式会社と住友製薬株式会社の合併により誕生。
■「使命を達成する会社」を目指し、2007年度を起点とする中長期ビジョンを策定し、「グローバルレベルで戦える研究開発型企業」という15年後の明確な将来像に向け、すでに新たな一歩を踏み出しています。
■2009年10月に米セプラコール・インクを買収し、最注力製品である統合失調症治療剤「ラツーダ」が好調で売上を牽引しています。また、2012年9月には、呼吸器領域におけるパイプラインの獲得を目的としてのエレベーション・ファーマシューティカルズ・インクを買収するなど、積極的な海外展開を行っています。
■2012年4月には、米創薬ベンチャー「ボストン バイオメディカル(BBI)」を買収し、がん領域の研究開発体制を構築しました。がん領域を精神神経領域に次ぐ将来の重点事業領域の一つに育成しています。
■研究初期段階では、ゲノミクス、プロテオミクス、メタボロミクス等自社保有の先端技術や、2012年9月に神戸市で稼働したスーパーコンピュータ「京」等の活用により研究効率の向上に取り組むとともに、iPS細胞等の最先端サイエンスを創薬に応用する取組を進めています。
■ノーベル賞を受賞して注目を浴びた京都大学のiPS細胞研究所と、難治性希少疾患の治療薬の創製を目指した共同研究を推進中です。
■理化学研究所が認定するバイオベンチャー「ヘリオス」と、iPS細胞を活用した医薬品の開発会社を設立し「加齢黄斑変性」の治療薬の実用化を進めています。

お問い合わせ番号 : 280949

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?