1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 製薬業界ニュース
  3. 製薬業界動向>
  4. 生化学工業と小野薬品、変形性関節症治療剤「SI-613」国内提携で基本合意

生化学工業と小野薬品、変形性関節症治療剤「SI-613」国内提携で基本合意

[ 2017年05月14日(日) ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
共同開発および販売提携に関する基本合意書を締結
生化学工業株式会社と小野薬品工業株式会社は、5月12日、変形性関節症治療剤「SI-613」の日本における共同開発および販売提携に関する基本合意書を締結したと発表した。

同剤は、生化学工業が開発を進めている薬剤。両社は今後、正式契約締結に向けて協議を進めるとしている。

ヒアルロン酸と非ステロイド性抗炎症薬を化学結合
「SI-613」は、ヒアルロン酸と非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)を、生化学工業が保有する独自の薬剤結合技術を用いて化学結合した薬剤。ヒアルロン酸による関節機能改善効果と、NSAIDの鎮痛・抗炎症作用を併せ持つ。

同剤は、変形性関節症において見られる強い痛みや炎症を、速やかかつ長期間にわたって改善することが期待されている。また、注射剤として関節腔内に直接投与するため、全身血流への移行が少ないという利点も持つ。NSAIDの経口剤や貼付剤投与と比較して、副作用が軽減されるという。

試験を速やかに進め、早期承認取得を目指す
「SI-613」は現在、変形性関節症を対象とする第3相臨床試験が、日本において実施されている。また今後、膝関節を対象とした検証的試験や、股・足首・肘・肩といった関節部位を対象とする臨床試験、安全性評価を主目的とする長期投与試験も実施される予定。

生化学工業と小野薬品は今後、これらの試験を速やかに進め、「SI-613」の早期承認取得を目指すとしている。

(画像は小野薬品の公式ホームページより)


▼外部リンク

変形性関節症治療剤SI-613の日本における共同開発および販売提携に関する基本合意書締結のお知らせ - 小野薬品工業株式会社
http://www.ono.co.jp/jpnw/PDF/n17_0512.pdf

関連テーマ
製薬業界動向
  • このエントリーをはてなブックマークに追加