1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. 製薬業界の英文履歴書の書き方
英文履歴書の書き方 製薬業界に相応しい英文履歴書の書き方を解説いたします。

英文履歴書(RESUME)の書き方

英文履歴書(RESUME)の提出は、外資系企業に応募する場合に求められることがあります。英文履歴書は、外国人面接官があなたの経歴を把握するためや、企業があなたの英語力を確かめるために求められるもの。盛り込むべき内容は、日本の職務経歴書に似ています。
ただし、外資系企業では積極的な姿勢が評価されるため、内容を構成する際は自分を売り込んでいくスタンスを忘れずに。 実績やアピールポイントなどは明瞭に書きましょう。
また、書き言葉として正しい英語が使えているか、シンプルな言い回しになっているかなども都度確認しましょう。スペルミスにも細心の注意を。
要点を絞り、読みやすい書類の作成がポイントです。

英文履歴書の体裁

英文履歴書は基本的に自由形式と言われていますが、ここでは製薬業界の中で最もスタンダードなものを例に挙げます。

  • パソコン(Wordなど)で作成
  • サイズはA4、2枚以内にまとめる (基本は1枚。書く内容が多い方は、2枚以内を目安にすると良いでしょう。)
  • フォントはTimes new romanが妥当、文字サイズは10~11 (日本語の職務経歴書よりも、若干小さい文字サイズが目安です。)

文法上注意すべき点

英文履歴書は基本的に自由形式と言われていますが、ここでは製薬業界の中で最もスタンダードなものを例に挙げます。

  • 定冠詞、不定冠詞(the,a/anなど)は省略
  • 数字表記はアラビア数字で (例:×three years→○3 years)
  • 人称代名詞(I,you,they,usなど)は省略
  • ビジネス英語を使用し、簡単な表現は避ける
  • 文章は動詞で始める

1 PERSONAL DATA(名前・個人情報など)

1行目から中央揃えで、以下の4項目を明記。

  • 自分の名前
  • 住所
  • 自宅の電話番号と携帯電話番号
  • メールアドレス(PCのアドレス、なければ携帯)

日本の職務経歴書のように「RESUME」などのタイトルや、作成日の記入は必要ありません。

「英文履歴書サンプル」に戻る

2 OBJECTIVE(希望職種)

希望するポジション名を記入。各職種別の英語訳は、以下を参照してください。

大分類 小分類 英語訳
研究職/特許 創薬研究 drug discovery research(ドラッグディスカバリーリサーチ)
薬効薬理 薬効/medical benefits(メディカルベネフィット)
薬理/pharmacological effect(ファマコロジカルエフェクト)
薬効薬理/pharmacology(ファマコロジー)
薬物動態 drug kinetics(ドラッグケネティクス)
毒性・安全性 毒性学/toxicology(トキシコロジー)
毒性担当者/toxicologist(トキシコロジスト)
毒性試験/toxicology study(トキシコロジースタディ)
安全性試験/safety study(セーフティスタディ)
特許・その他 patent(パテント)
臨床開発 プロジェクト
マネージャー
project manager(プロジェクトマネージャー)
CRA/モニター clinical research associate(クリニカルリサーチアソシエイト)
DM・統計解析 DM/data management(データマネジメント)
QA・QC・監査 QA/quality assurance (クオリティアシュアランス)
QC/quality control(クオリティコントロール)
GCP監査/GCPaudit(GCPオーディット)
薬事 戦略薬事/regulatory strategy (レギュラトリーストラテジー)
開発企画 Clinical development(クリニカルディベロップメント),
Clinical Planning(クリニカルプランニング)
医薬品安全性
監視
(安全性情報)
pharmacovigilance(ファーマコビジランス)
CMC/製造 製剤研究/製剤技術 製剤分析/pharmaceutical analysis(ファーマシューティカルアナリシス)
製剤研究/pharmaceutical study(ファーマシューティカルスタディ)
製剤技術/formulation(フォーミュレーション)
CMC薬事 Chemistry Manufacturing and Control regulatory
(ケミストリーマニュファクチャリングアンドコントロールレギュラトリー)
品質管理・品質保証 品質保証/quality assurance(クオリティアシュアランス)
品質管理/quality control(クオリティコントロール) 
生産管理/SCM 生産管理/manufacturing management
SCM/Supply Chain Managemen
生産技術/製造技術 manufacturing technique
MR/マーケ/その他営業 MR medical representative
マーケティング marketing
その他営業 sales
学術/リエゾン/PMS 学術・教育研修・資材作成 学術/medical adviser
教育/trainer
リエゾン liaison
市販後調査/PMS post-marketing surveillance
事業開発/ライセンシング 事業開発・ライセンシング 事業開発/business development
ライセンシング/licensing
医師/薬剤師 医師 doctor
薬剤師 pharmacist

「英文履歴書サンプル」に戻る

3 SUMMARY(職務略歴)

培ってきた経歴・スキルを端的に記載しましょう。記載する内容を、実績数字やアピールしたい経験に絞ることがポイントです。
項目名の通り「要約」なので、自身の経歴を全て書く必要はありません。
2~3行の簡潔な文章でまとめるか、箇条書きにするとわかりやすく仕上がります。

「英文履歴書サンプル」に戻る

4 WORK EXPERIENCE(職歴詳細)

自身の経歴を、直近のものからさかのぼって書いていきます。ここは省略しないこと。
ベースは日本語で作成した職務経歴書と同じでかまいませんが、使用したツール・機材、テスト・評価の方法などを具体的に書くと、あなたの実力がより伝わりやすくなります。長くなりがちな項目ですが、「箇条書きを効果的に用いる」「アピールできる実績数字や経験は太字で明記する」など、読みやすい文章になるよう工夫しましょう。

「英文履歴書サンプル」に戻る

5 EDUCATION(学歴)

大学以降の学歴を記載します。学校名、専攻、卒業年を明記。
大学院を出ている場合は、修士課程と博士課程に分けて記入しましょう。博士号(Ph.D)を持っている人は必ず記載すること。
また、業務に活かせる社外講習などを受けていれば、それらもあわせて記入すると良いでしょう。
受けている講習内容から、本人のモチベーションを評価されることもあります。

「英文履歴書サンプル」に戻る

6 CERTIFICATION(資格)

応募する職種に関連する資格(MR資格、薬剤師資格など)を中心に、取得年と共に記載。

<例>

  • MR資格・・・・・・・Certified Medical Representative
  • 薬剤師資格・・・・Pharmacist
  • 運転免許・・・・・・Driver’s License

「英文履歴書サンプル」に戻る

7 SKILLS(スキル)

PCスキルや薬事法などの習熟度、語学力を記載。語学力を記載する際、語学が堪能な方は「Fluent in English as well as in Japanese.」、そうでない場合は「Advanced Level(Reading, Writing, Listening, Speaking)」と記載し、細かいレベルについては面接で伝えた方が無難です。この一文だけでなく、TOEFL・TOEICなどの最新スコアも簡潔に記載しましょう。
分析系の業務の人は、使用できる機材・ツールなどもここにまとめます。分量が多くなる場合は、内容ごとに「Computer skills」「Languages」など項目を立てて書きましょう。

「英文履歴書サンプル」に戻る

上記の内容だけではアピールが弱いと感じる人は「ACHIVEMENT」「OTHERS」といった項目を立て、加わったプロジェクトの内容を具体的に記載すると良いでしょう。アピールできる実績が少ない場合「今後挑戦していきたいこと」などを記し、モチベーションの高さを示すことも手のひとつです。

CHECK POINT ビジネス英語で書けているか?

全て書き終わった後、ビジネス英語の使用が統一されているかチェックしましょう。フランクな言葉遣いが使われていた場合は修正を。

CHECK POINT スペルミスは無いか?

スペルチェックを忘れずに。Wordを使用している場合は、自動スペルチェック機能(表記ゆれチェック)を活用しましょう。 ※ネイティブスピーカーにチェックをお願いする場合は、言い回しやスペルが正しいか確認してもらいましょう。