1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. CRA(臨床開発モニター)
  3. CRAの転職・求人
  4. CRO→製薬メーカーの転職

CRO経験を活かして実現する
製薬メーカーへの転職

「自社製品を手がけたい」「長い目で製品に関わりたい」「プロジェクトの根幹に携わりたい」「条件をアップしたい」「生涯年収をアップしたい」…CROでCRA(臨床開発モニター)としての経験を積んだ人ならば、誰しも一度はこんな理由から、製薬メーカーへ転職したいと考えたことがあるでしょう。
ここでは、そんなCROから製薬メーカーへの転職について、注意点や転職のポイントなどをあまさず解説します。

1. CRAが製薬メーカーで働くことのメリット

CROから製薬メーカーへ転職した際の主なメリット

  • 自社製品を手がけられる
  • 長い目で製品に関わることができる
  • プロジェクトの根幹に携われる
  • 給与等条件面の向上
  • 待遇・福利厚生の充実

CROに勤めているCRAなら、おそらく一度は製薬メーカーへの転職を意識したことがあるのではないでしょうか。CROと異なり、自社で製品を開発する製薬メーカーは、経営が安定しているというイメージがあるほか、プロトコールの企画からプロジェクトの進行管理まで、太く長く製品に関わることができるやりがいもあります。業務の質や条件アップ、経営面の安心感など…理由はさまざまですが、製薬メーカーへの転職は、CRAの一般的なキャリアアップの道の1つです。
では、CROでのモニター経験者にとって、中途採用の道がどれくらい開かれているのでしょうか。

2. 製薬メーカーのCRAへ転職する際の難易度

製薬メーカー求人の数は決して多いとは言えない

2006年頃までは、CROの経験者を対象とした中途採用は盛んでしたが、現在は、製薬メーカーの多くが内資・外資ともに新卒での募集を中心としています。

2010年前後の特許切れ問題により、開発は活発化しているはずなのになぜ?そう思われるかもしれません。実際、新薬の開発は活発化しており、CRAの元にも大小様々なプロジェクトが立ち上がっています。但し、特許切れ問題により業績が低迷したことで、メーカー各社は、モニターを増員するのでなく、「できるだけ今いる人数で効率的に対応し、足りない部分は外部に都度任せたい」という少数精鋭の組織づくりを目指している、と言われています。
製薬メーカー側のモニター募集が減少し、CROのモニター募集が変わらず行われているのは、まさにそうした体制変更の現れと言えるでしょう。
とはいえ、全くもって募集を行っていないわけではありません。

特にここ数年では、社内に治験のナレッジが貯まらないことを理由に、CROへの外注を減らし、自社モニターを増員するメーカーも出始めています。2014年頃まではマネージャー候補やプロジェクトリーダーの募集が主だったメーカーでも、プレイヤーとしてのCRAの求人が比較的出やすくなっていると言えるでしょう。

但し、新薬の開発の一翼を担うCRA(臨床開発モニター)は、企業秘密に大きく関わる部門です。多くの場合、求人は非公開求人として秘密裏に募集が行われます。従って、ネット上には求人が見当たらない場合でも、人材紹介会社によっては、製薬メーカーからの求人を多数預かっているケースがあります。なかなか求人が見つからない場合には、人材紹介会社にかたっぱしから問合せとみると良いでしょう。

転職できるかどうかはタイミング次第

求人は決して多くないものの、条件面はある程度吟味したいもの。自分に適した求人が出るかどうかは、まさにタイミング次第です。人材紹介会社に登録して翌日に良い求人と巡り会い転職する人もいれば、長い人では2年間掛けてじっくり納得のいく求人が出てくるのを待った、という人も。
求人が出にくいということは、ひとつの求人に対する応募倍率もそれだけ高いということです。複数の求人を吟味・検討するのにそれだけ時間がかかる上、出ればすぐに決まってしまうということ。より多くのプロジェクトを受注したいために積極的に行っているCROの募集とは、感覚が明らかに異なります。
良い求人はいつ出るかはわかりません。突然出る場合もあります。求人が出たときにタイミングを逃さず動けるよう、「譲れない条件は何か」「我慢できることは何か」など、転職するにあたっての希望や理想の会社のイメージを明確にしておくことが重要です。

3. 製薬メーカーに採用されやすい人の特徴

転職に成功している人たちの特徴

  • CROでの実務経験がじゅうぶんにある(3~5年以上)
  • 論理性が高く柔軟
  • コミュニケーション力が高く人当たりが良さそう
  • 意欲が高い

※あくまで必須条件ではなく、傾向値としての特徴です。

「製薬メーカーへ転職してみようかな」と考えたCRAの大半が、「自分は転職できるのだろうか」と心配になると言われています。上記で説明したようなことを聞くと、CROと比べて遙かに間口が狭いように感じられるからでしょう。
そうは言っても、実際にCROから製薬メーカーへの転職に成功している人たちは一定数います。そしてその多くの人に共通する特徴が、上記のような内容です。
この他、外資系の場合は日常会話程度の英語力が必要です。

今から積める製薬メーカーへの転職を成功させる3つのキャリア

先述の通り、製薬メーカーへの転職はCROへの転職と比べて長期化することが考えられます。もちろん1週間や2週間で決まることもあれば、半年や1年といったスパンが掛かる場合も。
製薬メーカーへの転職を効率良く実現するためには、今のうちから、転職する上で有利になるような経験を積んでおくこと。良い求人が出るのを待ちながら、自分自身の市場価値を高めることだと言えます。
製薬メーカーに転職する上で、高く評価されるキャリアは次の2つです。

今から製薬メーカーを目指すならぜひ積んでおきたい経験

1. オンコロジー(癌)領域の経験
2. 国際共同治験の経験
3. 語学力

1.オンコロジー領域の経験

癌領域は、アンメット・メディカル・ニーズとして、今後もブロックバスター薬が生まれる可能性のある領域です。薬の開発が最も盛んな領域の1つと言われており、CROにいるときから経験を積んでおくと、チャンスがグッと広がるでしょう。

2.国際共同治験の経験

ご存じの通り、新薬の上市までの過程を短縮する意味でも、世界で同時に治験を実施する国際共同治験が活発化しています。CROでこの国際共同治験の経験を既に積んでいる場合、転職時に大きなアドバンテージになるだけでなく、外資系企業に必要な英語力の証明にもなり、一石二鳥のキャリアです。
求人が出ていなかったとしても、製薬メーカー側は「良い人がいたら採用したい」と考えて人材紹介会社と連絡を取り合っている場合が多いです。転職できるチャンスがいつ来ても大丈夫なよう、今のうちから1~3いずれかの配属希望は出しておくと良いでしょう。もちろんプロジェクトの希望をどこまで汲んでもらえるかは、現在お勤めのCROやタイミングにより異なるかもしれません。ですが、真剣に製薬メーカーへの転職を考えるなら、今できる範囲でご自身のキャリアを磨いておくことがベターです。

CROでのプロジェクトリーダー経験は評価されにくい

一般的に、転職活動では、経験が豊富であればその分評価も上がるものですが、CROでプロジェクトリーダーの経験を積んでいることは、却って仇になる場合があります。理由は、製薬メーカーではプロジェクトリーダーの役割がCROと異なるからです。

CROでは、メンバーの管理が主な役割ですが、メーカーではプロトコールの立案やCROそのものの管理がメイン。業務内容が大きく異なるため、CROでのプロジェクトリーダー経験はリードモニター経験と同程度にしか評価されないことが多いのです。プロジェクトリーダー経験者がメーカーで同ポジションを狙う場合は、まずはプレイヤーCRAとして転職し、社内で昇格を狙う必要があるでしょう。但し、CROでのプロジェクトリーダー経験が長くなればなるほど、「今さらプレイヤーとして再出発できるだろうか」という製薬メーカー側の懸念から、採用に至りにくくなる傾向があると言われています。

4. 製薬メーカーへの入り口はCRAだけではない

CRA(臨床開発モニター)の求人が出ていなかったとしても、他の職種なら求人が出ているケースも。CROの臨床開発モニター経験を持っていることで、下記のような職種に応募できることは、あまり知られていません。

製薬メーカー

・ 臨床開発モニター
・ PMS
・ 開発薬事
・ 安全性情報
・ リエゾン

【PMS】
市販後調査。医薬品が販売された後、治験段階には得られなかった医薬品の適正使用に関する情報(主に品質や有効性・安全性等)の調査・収集を行う。
【開発薬事】
新薬の製造販売承認のために厚生労働省へ提出する申請書の作成など、開発段階における申請業務の数々を担当する。
【安全性情報・ファーマコビジランス】
PV(医薬品安全性監視)とも。市販された医薬品の副作用や有害作用等諸問題の検出・収集・評価等を手がける。
【メディカルサイエンスリエゾン(MSL)】
KOL(Key Opinion Leader)となる医師の方に対し、科学的、臨床医学的エビデンスの提供、医師主導臨床試験の立案・作成・運営・学会発表・論文化などのサポートを行う。

もちろん上記の職種でも、大半はメーカー経験者の募集ですが、探しているとCROモニター経験者でも応募できる求人が出る場合があります。臨床開発モニターにこだわらず、より専門的な業務にキャリアアップ・キャリアチェンジしたいという場合は、ぜひとも上記の求人にも着目してみると良いでしょう。製薬メーカーへ転職できる可能性がグンと高まります。

CRAトップへ戻る