1. 製薬・医薬業界の転職支援 Answers(アンサーズ) TOP
  2. CMC薬事
  3. 株式会社日本再生医療

株式会社日本再生医療

募集ポジション CMC担当(再生医療等製品)
勤務地 東京都
仕事内容 <仕事内容>
■治験製品を含む再生医療等製品製造に関するプロジェクトマネジメント
■CMC薬事対応業務
■新規パイプラインの研究開発
※ご経験や適性に応じて業務内容が変動致します。場合により、新規パイプラインの研究開発に携わって頂く可能性もございます。
応募資格 【必須要件】
■バイオ医薬品に関する知識
■GMPの知識
■医薬品製造に関する業務経験(CMC研究、CMC薬事、品質管理、品質保証、製造等)
年収 400万円~1200万円
企業について <設立年月>
2013年10月

<資本金>
1000万円

<社員数>
9名(2017年11月現在)

<上場・非上場>
非上場

【企業特徴】
■同社は、東証一部上場のノーリツ鋼機グループで、再生医療技術・製品、細胞医薬品の研究開発を手がける創薬ベンチャーです。2013年にノーリツ鋼機グループのスピンアウトベンチャーとして設立されました。
■日本初の「心臓内幹細胞(CSC:Cardiac Stem Cell)」を用いた心疾患向けの再生医療等製品の開発を進めています。
■2016年には、開発品目の「JRM-001」が、国内初の先駆け審査指定制度対象品目に指定されたり、グループ会社であるジーンテクノサイエンス社と資本提携を締結したりと、研究をより加速させる動きが出ています。
【技術について】
■CSCは、心臓内に存在する多能性のある体性幹細胞のことで、京都大学が出願人となり特許化された日本発の技術です。心臓由来の幹細胞である為、心臓への組織適合性が高く、心疾患に対する有効な治療製品になると期待されています。
■CSCを用いた応用化研究として、CSCの発見者である岡山大学病院新医療研究開発センター再生医療部王英正教授らの研究グループによって、ヒト幹細胞臨床研究第1相試験及び第2相試験が実施され、その安全性と有効性を示唆する研究成果が報告されています。これは、CSCを用いた世界初となる小児先天性心疾患を対象とした臨床研究であり、心臓移植が困難な日本において、小児末期心不全に対する新たな治療法に繋がる可能性のある研究として期待が寄せられています。
■同社では事業推進のため、京都大学から上記の特許について独占的ライセンスを受けるとともに、岡山大学からはCSCの製造法や臨床応用に関する技術指導を受け、実用化に向けた開発を進めています。

お問い合わせ番号 : 181472

この求人への応募・お問い合わせはこちらから

ご希望の求人は見つかりましたか?

  • 「もっと多くの公開求人を見たい」方

    製薬メーカーを含む全ての公開求人から職種別の応募書類の書き方までわかる。

  • 非公開求人を紹介してほしい」方

    総求人数62件(非公開求人49件含む)の中からご希望に合う求人を紹介してもらう。